タヌキウォーカーズ探索日記

リアル「どうぶつの森」

カテゴリ: 出逢えたぬきエリア

勤労感謝の日の
新嘗狸祭
(にいなめさい)

神使な狸様の出現を

待っていると、他でも
Sony・α7s23
新嘗祭をおこなっており
6千発の花火が打ち上がり
神使な狸様は現われず
再度本日リベンジに
行ってきました。

昼はSーRX10M4
↓↓持って撃ってみたり
DSC1RX10M4
↑600㎜×2テレ
DSCRX10M4
↑600㎜↓
↓↓C-SX50HS
c-SX50 HS
昼用サブ機の遊び撃ち
互いに600㎜なので
優れものですが

神使な狸様が現わる頃
c.SX50 HS
↑C-SX50HSで撮影↑
DSC.RX10M4
SーRX10M4
↑内蔵ストロボ仕様

DSC-RX10M4
遠いとストロボもとどかず
やっぱり頼りはS-α7s
ストロボ未使用
Sony・α7s3
レンズFE 24-105mm F4 G
Sony・α7s2
s1/20F4.0iso20.000
Sony・α7s1
2匹現われました♪

( ̄人 ̄)パンパン
新嘗狸祭の儀

Sony・α7s0 
やっぱり
野生動物夜行性は
改めてα7s
新嘗狸祭でした。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

勤労感謝の日、11月23日は
働いている人に感謝する日
だと思っていたら?

実はその起源は
新嘗祭(にいなめさい)
五穀豊穣を感謝する
儀式とされ
昔から日本では
毎年11月23日に
収穫した農作物を
神にお供えしたそうです。

っと言う事で地元の
神社にも祀られている
狸(神使)様
健康を
感謝し

本日は感謝の儀式に
行って参ります!

神の使いの出現を
待っている間の

夕方のいい~光景

タヌキ待ちの夕暮れ
↑↑同、場所に現る↓↓
タヌキ出没
神使様
本日、感謝の儀に
お伺いいたしますだ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

昼より
聞き込み調査

タマゾン河
カワセミ&すずめに
タヌキ知りませんか?
タマゾン川
アメンボにも
タヌキ見ませんか?

タマゾン
なんてSONYrx10m4
遊んだのちに
暗くなってからは
SONYα7sに持ち替え
タマゾン川タヌ
フィールドサインを
張り込みする事
タヌキくん現われました!
毛並みも健康そうです

タヌキ
ホンドタヌキ

っと時間差の同じ場所で

ハクビシン
またまた姿を変えて
出てきました!

ハクビシン1
ハクビシン

貴重な東京のキツネは
現われなかったけど
けもの道って いろんな
野生動物たちの
街道なんですね~!

↓オマケ↓
昨日、木から顔を出した
可愛いキツネのアクセサリを
キツネグッズ
みつけて思わず購入!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

かわせみ
夕方になぜか?600㎜×2で
撮影しなくてはいけない
カワセミ場所です?(謎苦笑)
探索
帰り道でタヌキ
真っ暗な場所だったので
画像悪い為!

タヌキ

タヌキ撮り
リベンジ場所へ

たぬき

タヌキ

イベメメクチンタヌキ


助けたぬき

狸

多くは語りませんが

野鳥を救護している施設で
素晴らしい場所があります♪

でも鳥以外はまったく
感心がないのですかね?

タヌキを救いたい!

タヌキも
助けてくれ~(/≧◇≦\)
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


 地域・準絶滅危惧種 

な現場でのホンドギツネを

暗闇番長なα7Sにて

夜に
ストロボナシ

-P-
F4-ISO-OUTO-
01きつねくん

人間界とは離れた
自然の中で生きる素早い
夜のホンドキツネを
追いかけても

DSC00880

ただブレるだけなので

04きつねくん

今回は(カメ学)で教わった
19dde339
目(瞳)の置きピンに

02きつねくん

こだわってみました。

03きつねくん

「目置きピンの為にその1」

コチラをチラッと
見る瞬間を待ち
見たらシャッターを
こきざみに連打 

このさい ひじを
左わきの下から
離さぬ心がまえで

やや 内角をねらい
えぐりこむように
してシャッターを

05きつねくん

うつべし
撃つべし!(笑)


06きつねくん

最後、帰り道ではちゃんと

お前はタヌキウォーカーだろ?
と現われてくれたタヌキくん

01たぬき

ここ最近の野生アップは
野生のホンドギツネにも
恋をしてしまった?

bbfd5607

ひろきメーン伝授な
たぬきメーン?の
うつべしショット!

タヌキウォーカーでした(笑)

画像貼付けコメントは
タヌキウォーカーリンク

http://www.z-z.jp/?ponpoko
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ